今思うとかなり高価な振袖を買ってもらったと思います

私が始めて振袖を着たのは、今から20年以上も前の成人式でした。当時は成人式は親にも子にも大きなイベントで、どんな振袖にしようかなどとソワソワ・ワクワクしながら振袖選びをしていたような気がします。その当時はレンタルも今より料金がかかったし、両親も私も買う事だけを考えていました。ただ成人式が迫るにつれて一体どこで買おうかと思った時に、母の頭の中にフッとある人物が浮かんだようです。

その人は昔父が下宿していた呉服屋さんで、店舗は構えていないけれど着物の商売をやっている人でした。その方にお願いして着物の展示会に連れて行ってもらったのですが、やっぱり着物の数も半端じゃないので簡単には決められませんでした。何点か持ってきてもらった中で私が気に入ったのは、白地に紺色の総絞りの振袖でした。シンプルだけど、白と紺の中にポツポツと赤い花が可愛らしく、とにかく気に入ってしまいました。

ただ、値段を見た時に「これは無理かも」と思いました。一緒に行った母も「高いね」と言い、他に自分の好みと合うのはないのだろうかと探したのですが、やっぱり1度良いものを見るともう駄目です。

色々相談した結果、帯などの小物の値段を下げ、総絞りの振袖にする事にしました。確かに高かったのですが、この振袖を着て成人式に行った日の事は忘れません。
やっぱり良い物を着ると背筋もピーンと伸びるというか、大人の女性になった気分になります。

成人式以外にも、謝恩会、友人の結婚式、結納など何度も袖を通しましたが、いつも素敵な振袖ねと言われ、本当に嬉しかったです。

ちょっと両親には無理をさせてしまいましたが、これからも大切にしていこうと思っています。